外壁塗装の色を決めた時の話

外壁塗装をしたときの体験談

現在は別の所に住んでいますが、以前住んでいた戸建てで外壁塗装をしたときの体験談です。
郊外の大規模な新興住宅地に注文建築の新築戸建てを購入したのが約30年前のことで、我が家を建てた時はまだ全部の土地に家が建っていたわけではありませんでしたが、建築ラッシュの時で両隣も裏にも注文住宅を建てていまそして。
注文住宅なので外壁を何色にしようという話になった時に夫婦で悩んでいたところ、たまたま海に遊びに行ったときに近くで見た家の外壁があまりにもきれいだったので、その色にしようと決めて帰りました。
その色が濃い目の水色という色で、太陽にあたるととてもきれいで海の近くの家としてぴったりな感じでした。
そして設計の方と話をする際にそのような色にしようと決めたら、色見本を持ってきてくれたのでその中から近い色を選んでほしいといわれました。
確かに同じような色がありまし見本が10�p四方くらいの大きさだったので、あまり想像が尽きませんでしたが近い色だと感じたのにその色でお願いをしたのです。

外壁塗装をしたときの体験談屋根と外壁塗装派手な外壁になりました